プロフィール

ましゅ

  • Author:ましゅ
  • 北海道在住のシンガーソングライターです。
    打ち込みを基本として、それに合わせて歌う形を取っております。
    どうぞよろしく!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

4月のライブ予定
来月はライブなしかなーとか思ってたんだけど、
むしろそのつもりではあったんだけど、
何か寂しかったんでやっぱりライブやりたくなりました。

そんなモチベーションで予定を埋めに行くmatthewです。

うん、マジでw


てなわけで、今月のライブ予定が1本決まりました!

4/14(THU)@XENON(北海道札幌市中央区南7条西4丁目2-5 LC7番館3F)
「Union Music Fes vol.3」
OPEN/17:00 START/17:30
Ticket/1200円

初めてお邪魔させていただくすすきののライブスペース、XENON。
まだ出来て新しい会場ってことで、すごく楽しみにしてます。
地味にニューシングル「蛍」をリリースしてからの初ライブ。当然会場での物販もやるので是非そちらも含めてよろしくお願いします!


今日は手短にこの辺で。
matthewでした!
スポンサーサイト
【2016/03/31 22:23】 | 無分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
セルフライナーノーツ その3 ~ニコニコ編~
さて、随分と日にちが空いてしまいましたがセルフライナーノーツ第3弾です!

今回はニコニコにあげてる曲を、紹介も含めて解説いたします。
是非チェックしてみてください!




1.狂騒のルーズドッグ

淡々と曲の展開がループしてる、ちょっと気だるい感じの曲にしようと思って作った曲でした。
「ヒメゴト」でダンス系の曲も意外といけそうだなとコツをつかめた感じがあったので、それをちょっとだけ引き継いでる感じかな。
バックコーラスをたくさんかぶせてみたり声にエフェクトをかけてみたりと、かなり遊んでます。いじるのが楽しかったなぁw



2.メロウホロウ

実は5年ぐらい前に、頓挫してしまった音楽ユニットの話があって。そのユニットで歌う曲として作ったものが原型でした。
夏の終わりの花火がテーマだったんですが、華々しい感じよりも切ない感じを意識してものすごくストレートに作った曲で。今からするとまっすぐすぎるぐらいなんですが(苦笑)、当時からすごくお気に入りでした。
ちなみにそのユニットの構想ではピアノの弾き語りも絡んでいたので曲の中でも主体になってます。



3. T o T

一言で言うとハロウィンソングです(ざっくりしすぎ)
ライブでもそのシーズンぐらいしかまあ歌うところはないだろうけど(苦笑)、「Trick or Treat」の略称で。しかし同時に、この字面が泣いてる顔文字に見えたところから発想した曲でした。
泣き顔がいっぺんで笑顔になるような、ハッピーな歌になればいいなということで。
もう自分の中では珍しいぐらいのポジティブな歌ですね。



4.ポラリス
これも「メロウホロウ」同様にユニットのために作った曲で、やっぱりピアノがメインでした。
最近は冬になってからのライブでこれを歌う機会が増えたんですが、個人的にはCメロの高音のところが気に入っていて。感情を込めやすいんですよね、高音だと。
何となく「演じてる」って感じが出るのかな……歌の世界観を表現する、ってのを主眼に置くと演技に近い感覚になるのかも。
曲調としてはストレートなんだけど、今の自分がやってるスタイルともうまく組み合わせられてる手ごたえがあります。



5.フラグメント

最近仲良くなった歌い手の子と作詞談義になった時に、「三角関係をテーマに歌詞を書いてみよう」ってことで勢いでだーっと書いた曲でした。
歌を入れた時実はちょっと風邪からの病み上がりでその関係で声がハスキーになってたんですが(苦笑)、逆にそれが何かはまってる気がしたのでそのままOKテイクにしてます。
ただ、なんかもう青臭さが前面に出すぎてて……ライブで歌うのに気持ちをどう入れたいいのか分からないから、実のところライブでは一度もやってません(おい)



6.キリトリ

「ヒメゴト」から始まった「踊れる曲」路線を引き継いでますが、とりあえずバックの音でどれだけ遊べるかひたすらひねくれまくってみました。
本心を晒すことができない主人公と、あえて本心を晒さない恋人とっていう微妙な関係性をテーマにしてるんですけど……「ヒメゴト」もそうなんですが、そういう切なさや悲哀というのをあえて思いっきり振り切れたテンションで歌うのが何か好きなんですよね。ぶっちゃけ明るい歌を歌うよりもそっちのほうが気分が乗ってくる(笑)
多分これからもそういう曲が色々増えるんだろうなーと思ってます。


さて、こんな感じでセルフライナーノーツシリーズもひと段落です。
またこれからも新しい曲を公開したりリリースした時は、こうやって解説をしてみようかなと思います。
それをきっかけに、もっといろんな人が興味を向けてくれたらありがたい限りですね。

では、今日はこの辺で。
matthewでした!
【2016/03/30 21:49】 | 裏話 | トラックバック(0) | コメント(0) |
セルフライナーノーツ その2 ~シングル編~
次どんな髪型にしようか全然決まらないmatthewです。

さてさて、昨日に続いてセルフライナーノーツの第2弾です。今回はシングル編。
一通り目を通して、興味が湧いたら是非アルバムを購入して手にとってもらえたら嬉しいですね。


1st Single「ヒメゴト」1000円
http://naile.cart.fc2.com/ca4/9/p-r-s/


1.ヒメゴト

アルバムを出してから次を出すにあたって、シングルとしてパンチのある曲が欲しいなというのがコンセプトで。とにかくそれしか考えてなかったんですが(笑)
ちょうど地下アイドルのイベントとかに声をかけられるようになった時期だったんですよ。やっぱりそうすると振り付けってまぁみんな盛り上がるんですよね。だったらそれを取り込んでみようと!
ええ、振り付け大前提です(笑)
色々ざわざわするハートをドーンのアレが浮かんだ時に確信を得ましたね。これがシングルになるべきなんだと。


2.リップスティック

完全にヒメゴトが振り切ったタイプの曲だったので、ちょっと真面目なヤツも入れようと。
歌詞は女性目線で書きました。妄想といえばそれまでですが(笑)、化粧してても裏では泣いてるみたいな、そういう顔の使い分けがテーマで。
サビで終わらずに完全に新しいフレーズが出てくるところもこだわりです。


3.Candy Man

どこがサビなのか分からない、ちょっとねじれた構成を狙いました。そういう作り方自体ちょっとDIR EN GREYの影響が出過ぎたなーというのが反省(笑)
といっても曲調がまるきり違うんだけど。
歌詞はもうテーマがないから、勢いで10分くらいで書いたものをそのままにしてます。これぞ奇想天外、って感じで自分でも好きですね。





2nd Single「蛍」1000円
http://naile.cart.fc2.com/ca4/13/p-r-s/


1.蛍

ブログではさんざん書きましたが、元は5年以上前からあった曲。知人の書いてた小説のイメージソングでした。
昔作った曲をたまたま聞いてみたくなって色々あさってる中にこれがあったんですが、今聞いてみても正直飽きが来なかったんですよ。
てことは、それだけしっかりしてた曲だったんだろうと。だとしたらこれはちゃんとした音源で出さなきゃダメだよなとシングルに入れることになりました。
文字通り一生歌える歌です、きっと。


2.アレコール

まず、誤字じゃないです(笑)
お酒の歌ではあるんだけど、重要なのはお酒が苦手な主人公の歌だっていうこと。たくさんは飲めないんですよ。
正直自分も弱いんで、歌詞はすごくすんなり出てきました。
アレンジはクラブのイメージなんですが、これがまあ難産で……あえて引き出しを広げようとかなりこだわりましたね。


3.不完全ディーバ

Candy Man同様、テーマを決めずに勢いで書いた歌ですね。ただ、あえてキツい高さの歌にはしたかったんです。楽に歌うのが相応しいような歌詞ではないのもあって。
もちろんちゃんと歌えるのも大事だけど、それが全てではない。時には歌い方を壊すのも表現だし。最近ライブでもこれを歌う時はとにかく壊れたいなって意識が強いですね。


どちらのシングルにも言えるのは、「入り込むこと」。
世界観をどう表現するのか、悩みながらも楽しんでやれてる実感はあります。自己投影ではないスタイルで、むしろ自分がその歌の世界に入っていく感覚。今はそれが命題。
次どんな感じに作ろうか……ってのを自分でも楽しみにしていきたいですね。


今日はここまでで。
matthewでした!
【2016/03/23 21:11】 | 裏話 | トラックバック(0) | コメント(0) |
セルフライナーノーツその1 「A Room」編
告知厨はアカン。
matthewです。

さてさて、先日Twitterでちょっとアンケートさせていただいたセルフライナーノーツの件ですが。
解説を見てみたいという声がありがたいことに多かったので、今の段階でリリースされている音源の曲解説を今日からやっていきたいと思います!

まずは一昨年リリースさせていただいた1stアルバム「A Room」に収録されている曲から。
一通り目を通して、興味が湧いたら是非アルバムを購入して手にとってもらえたら嬉しいですね。


1st Album「A Room」1500円
http://naile.cart.fc2.com/ca4/1/p1-r-s/


1.Entrance

実は、アルバム曲の中では中盤くらいに出来ました。
とりあえず1曲目に相応しい歌にしたい!ってのがコンセプトだったんだけど、最後のサビのフレーズ《さあ目の前のあのドアを 開いたならどこへ行ける?》がいつになくメッセージ性が強くなったようでもあり、同時に自分にも投げかけるような言葉でもあって……予想以上に強い歌になりました。
当時はライブの最初に必ずってくらい歌ってた曲です。


2.青い鳥を閉じ込めて

アルバムの曲作り期間中に友人に会うのに東京に行ったんですが、移動で乗った特急の中で浮かんだので一気にダーッと歌詞を書きました。サブウェイなんて歌詞で言いながら実は特急の中です(笑)
ただ、一人旅の孤独感はマジだったんでしょうね。歌詞があまりにも寂しげな感じになったので、それを曲でもどう表現するかかなり難産ではあった思い出があります。


3.Ghost Wait

「いいことと悪いことは紙一重」という思想が常に自分の中にはあって。
この曲は前向きに聞こえるんだけど、実は主人公は挫折して自殺した幽霊と自分を重ねて見てるところから始まってるんですよ。メチャメチャネガティブから始まってる。
前向きさを歌うのなら裏にあるネガティブもしっかり表現しなきゃいけないっていうモットーがあるから、そういう歌をひとつはアルバムに入れたかったんです。


4.サムデイ・イン・ザ・レイン

アルバムの中ではベスト3くらいに入る好きな曲。
別れた彼女のことを思い出したらツラくなるのに、むしろ思い出そうとしてる。あえて痛みを思い出そうとしてる。
これはもう自分自身の経験から書いた歌でしたね。何かね、急に思い出したくなるんですよ。引きずってもよくないんだけど(笑)

5.0G

ちょっとエロい歌詞を書きたいなというところからスタートしました(笑)
でも、ただエロいだけじゃなくてちゃんとそこに愛がなきゃダメなんです。
イメージ的にはこう……「事後」のふわふわした感覚を曲に落とし込みました。


6.スーサイド

とにかくシンプルに病んでる歌ですね。リスカです、ズバリ。
友達にもやってた人はいるし、自分もやりかけたことはあるんだけど……でもそういう病んでる時って無闇に自分をシニカルに見てるんですよね。ダメなヤツだと分かってる。
そのシニカルさを表現したらこんな内省的になりました。当時のライブでこれを歌う時はかなり自分を精神的に追い込みましたね。


7.夢遊病

とにかく勢いで書き上げた曲。他がひねくれたものばっかりだったから、もうシンプルに色々削ぎ落とした曲をひとつ入れようと作りました。
今の自分からするとちょっと淡々とし過ぎたかなって反省が強いです(苦笑)


8.Jellyfish in the Cage

アルバム曲作ってる期間中に仲良くしてたある女の子が家でクラゲを飼ってて。その画像をブログに上げてたんですが、そこからヒントを得ました。
彼女には遠距離で片思いしてる異性が当時いて……その気持ちを自分なりに表現してあえてキツい高さの音域にしました。これもお気に入りです。


9.渇いた花

昔好きだったマンガで「センチメントの季節」っていうのがあって。まぁエロいシーンもあるんだけど(笑)、切ない作品なんですよ。それを何となく思い浮かべて作りました。
愛情が分からない、何か欠落してる雰囲気が出せたらなと。難しいテーマですけどね。


10.Outer

自分自身が歌ってる姿を客観的に見たら、どんだけ滑稽だろうなって思う。
でもそんな自分から見た世界は果たしてマトモなのか?っていう歌。
この曲は他よりも一番感情を素直に吐き出して、叫ぼうが何しようが自由にやろうと。ある意味今の自分のスタイルに一番繋がりが強いかもですね。


11.カラスが鳴いた

前の日にイヤなことがあって、次の朝起きてごみ捨て場にごみを置きに行った時に見かけたカラスからふとイメージが浮かんで。そういうイヤなことがあっても我慢するのがすごく馬鹿らしいなと感じた気持ちをそのまま歌詞にしました。
ラストの曲の候補は別にあったんだけど、結果的にこれに差し替えてきちっと締まった感じはありました。


てなわけで、11曲分の解説でございます。
シングル曲やニコニコの曲に関しては、また次回以降にということで……

matthewでした!
【2016/03/22 12:31】 | 裏話 | トラックバック(0) | コメント(0) |
今日、シングル発売!
http://naile.cart.fc2.com/ca4/13/p-r-s/


Matthew
ニューシングル

「蛍」
価格:1000円

収録曲:
1.蛍
2.アレコール
3.不完全ディーバ
4.蛍(Instumental)
5.アレコール (Instumental)
6.不完全ディーバ(Instumental)


遂に今日から発売になりました!

まずはレーベル内の通販サイトから解禁です。
ちょっとずつ他のサイトなどの販売ルートも増えてく予定ですよー。

この曲は是非とも聞いてもらいたい。
以前にもブログでは書きましたが、かなり前に友人の依頼から生まれた思い入れの強い大事な曲です。
是非とも!


取り急ぎ、宣伝だけですが。
今日はこの辺で!


matthewでした!
【2016/03/20 19:19】 | 無分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
3/13ライブレポ


3/13(SUN)
@ヲタル座
「ヲタル座Music Box vol.17」

セットリスト:
1.Outer
2.Candy Man
3.Colored, Called, World
4.蛍
5.ヒメゴト
6.Blue Monday


はい、というわけで生まれ故郷小樽でのライブ、やって来ました!
来場の皆さんありがとうございました!

いつかやってみたいなとは思って楽しみにしてた小樽ライブなんで正直舞い上がってましたが(笑)、自分らしいパフォーマンスをしっかりやれたかなと手応えアリでした。
結構久し振りに歌う曲も多めです、ちなみに。

今回は卒業シーズンだからか、高校生バンドが共演に何組かいてね。
一生懸命演奏してるのが「ああ青春だなあ」って感じで何か微笑ましかったのが印象的でした。
そんな感じで青春してた記憶はあんまりないから、懐かしさはないけど羨ましさがあって。
これからもああやって、好きなことを続けて楽しくやれますようにと門出を願うばかりです。

自分自身の今の活動は、いわば遅れて来た青春みたいなもんです。誰もが出来るわけじゃない。
たまたま運よくそのチャンスが来ただけで、それも永遠じゃないと分かってます。

だから、それが少しでも長く続いていくように祈りながら、これからも歌っていこうと思います。


matthewでした!
【2016/03/14 18:37】 | 無分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
2/27ライブレポ
2/27(SAT) @ SOUND CRUE
「左手の階段」

セットリスト:
1.狂騒のルーズドッグ
2.不完全ディーバ
3.Colored, Called, World
4.蛍
5.ヒメゴト


はい、てなわけで先週末はライブでございました。

ワンマンが終わってから初めてのライブ。
ちょっとでもステップアップしたステージが出来ればなー、という小さな目標はあったんですけど、まあ割かしその目論見はうまく行ったのかなって感じです。
今月リリース予定のシングルからも曲を色々と入れてるんですけど、ワンマンの時はまだ手探りなところが多くて。いまひとつ感覚を掴みきれてなかったのも否めなかったのがようやくつかめたって感じ。
音源でやる味付けとは全然違う、ライブならではの表現ってどんなんだろうなーと。その答えをひとつ見つけられた気がします。

この辺がね、自分のアイデンティティだと思ってるんですよ。

最近はアイドルイベントにもちょこちょこ出たり、サブカル系でもありがたいことにお誘いをもらってたりするんだけど。
その中で自分にしか出来ないスタイルって何なのかなーって考えると、結局「歌を聞かせる」んじゃなくて「歌を表現する」ってことなんですよ。
身振り手振り、声色、色んなものを使ってその世界観を表現する。
その結果音源通りでなくなるのなら、それも必然。
そういうやり方をする人が他になかなかいないが故の「奇想天外」なんだろうなーって。

だから、CDだけで全てが完結はしません。
ニコニコにも曲を最近あげてますけど、そちらも同じ。
ライブはライブで、別のモノに「化けます」。
それを生で体感してもらえたら、ホントにありがたいことですね。

そんなライブを含め、今後のスケジュールはこちら。


3/6(SAT)@Cafe & Bar Radio & Records
「名探偵コナン曲オンリーライブ」
START/19:00
Ticket/1500円(1drink込)
出演/あおい?ありす, Sena, Soul mArk If me, かねあいよよか, ノムラアリサ, matthew etc.

タイトルどおり、札幌で活躍する様々なミュージシャンが名探偵コナンに関連する曲「だけ」をカバーするというイベント。
オリジナル曲を一切封印して、ワタクシmatthewも歌います。
どんな歌が出てくるかな?


3/13(SAT)@ヲタル座 ←New!!
「ヲタル座 Music Box Vol.17」
START/14:00(予定)
Ticket/(大人)1000円、(子供)500円

やっとこの日が来ました。生まれ故郷、小樽での初ライブ!!

いつか、小樽で。そんな夢を叶えられる瞬間。
ウィングベイ小樽の中にある広いホールで思いっきり奇想天外な世界観を見せ付けてきたいと思います。
是非遊びに来てください!


3/20リリース
2nd Single「蛍」
1000円

収録曲:
1.蛍
2.アレコール
3.不完全ディーバ
4.蛍(instrumental)
5.アレコール(instrumental)
6.不完全ディーバ(instrumental)


そんなわけで、これからも頑張ってきますよー!
matthewでした!

【2016/03/02 21:37】 | 無分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |