プロフィール

ましゅ

  • Author:ましゅ
  • 北海道在住のシンガーソングライターです。
    打ち込みを基本として、それに合わせて歌う形を取っております。
    どうぞよろしく!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

セルフライナーノーツ その4「アイヲコイネガイウタウムジーク」編
さて、昨年末リリースになったアルバムはもうみなさん聞いていただけましたでしょうか?

ありがたいことに、初動としては前回よりもいい売り上げになっています。
後日いつもお世話になってる通販サイト「UHA!UHA!」でも取り扱いスタートになる予定ですが、遠方の方には是非そちらから購入していただければと思ってます。
後はまあ、TwitterのDMでも受け付けてますので!

そんな新譜について、昨年何度かやっていたセルフライナーノーツをやってみたいと思います。

アルバムをもうゲットした方は、曲を聴きながら「あ、そうなの?」って感じで裏も表も楽しんでもらって。
まだゲットしてない方は「あ、こんなの入ってるんだ…」と購入時の参考にご覧ください!

2nd Album「アイヲコイネガイウタウムジーク」2000円


1.とにもかくにも

順番的には順当に最初のほうで出来上がった曲なんですが、実際ここまでメッセージ性が強い歌詞にするつもりは最初あんまりなかった曲でした。ただ、書いてるうちにだんだん自分自身の想いがどんどん入り込んでいって、気付けばこんな感じに。
世間への怒りを歌ってるくせに、なぜか曲調が陽気というのをギャップとして計算して作りました。
そういう歪さが何となく、より自分らしいんじゃないかって気がします。

2.Chemical Step

これもガッツリとメッセージ性が強い歌詞だったんだけど、こちらは逆に計算ずくで最初からそのつもりでした。
皮肉をいいながらも、自分の一歩でどうにでも明日を変えていこう。道を切り開いていこう。
そういう前向きなメッセージを込めるのってあんまり自分では進んでやってきたことではなかったんですが、新しいことをやらなきゃとあえてチャレンジした部分もあります。
曲調的にも、最近自分では王道的になってきたダンスチューンで。ある意味聞いた人は「きたきた!」って思ってくれる感じかも知れませんw

3.ヒメゴト

もはやすっかり代表曲になってしまいましたが、今回はちょっと録りなおしました。
これだけ歌いこんできた自分が今歌うならどうなるか…シングルバージョンと聞き比べてもらえると面白いかも?

4.真っ白なルーズ

原曲自体は前作「A Room」のリリースから数ヶ月後にはもう出来上がっていて、ちょいちょいライブでも歌ってました。
冬の名曲って色々ありますが、そのどれにも似ないだろうというラインを攻めて、恋愛中の倦怠期がメインテーマという。
誰がそんなところ進んで書くんだよって感じですが、歌ってて結構楽しい曲ではあります。
とにかく感情が複雑で、愛してる前向きな気持ちと、相手への失望という後ろ向きな気持ちが同居してるのもお気に入り。

5.Colored, Called, World

これも「真っ白なルーズ」と同じで前作リリースのすぐ後に出来た曲でした。
あんまりそれっぽい言葉は入れてませんが、自分なりの卒業ソングです。
ポエトリーディングっぽいことを最初に入れてみたり、コーラスを重ねてみたり、曲の世界観を表現するのに色々と声をいじってます。
ひとつの物語をしっかり作る、ということに過去にないくらい集中して作っただけに、思い入れも深い一曲です。

6.残響

結構曲自体は昔に作った曲なんですが、短い中に色んな曲展開を詰め込みました。
とてもそうは聞こえないかもしれませんが自分としてはバラードのつもりです(苦笑)
ちょっと脱線してしまうんですが、あまり他の人からはバラードを歌うイメージ自体がないようで…ずっとアッパーな曲ばっかり歌ってる人って思われてるみたいなんですね、俺。
そんなことないんだけどね。実際切ない歌詞とか超好きだし。
でもそういう声質なのかもしれないなーと思って、ちょっと声を抑えて歌ってる箇所も増やしました。

7.Cloud9の憂鬱

多分今回のアルバム曲の中では一番か次ぐらいに古い曲。
幸せを感じていても、心のどこかでは満たされない。幸福の中に感じる憂鬱。
どこかネガティブな性格の自分が色濃く出てるなぁって思います。
そして、ある意味では自分が一番やりたかった重たいロック。シャウトもCDとしては初めてに近いかもしれません。

8.デカダンスが止まらない

デジタル方面に振り切って作ってみよう、と思って今までにない音をふんだんに盛り込みました。
歌詞のテーマとしてはSNS。
上っ面だけのコミュニケーションで人の気持ちの何が分かるって言うんだろう。口にしてない想いがどれだけあるんだろう。
長年SNSを自分自身も利用していて、その中ではすごくいい付き合いをさせてもらっている方も多いから自分自身としては好きなんですけど、あえてそこで毒を吐いていきました。
そうやってうわべだけの付き合いをして、堕落していく人間関係の歌です。

9.赤い栞

正直、こんな女々しい歌詞なんか書いてていいのかよって自分では思うんですけどね。
そしてそれをこれだけストレートな曲調で歌うってのも、どうなのかなって。
もしかしたら聞いてくださった人の中には「あ、これは割と素直な曲なのかもしれない」と勘違いしてしまった方もいるかもしれません。
違うからね!これ、多分今回の収録曲の中では一番人間的におかしいからね!(おい)

10.White Out

これもかなり昔に作った曲ではありました。
森鴎外の「舞姫」が頭に何故か浮かんでて、≪トンネルを抜けるとそこはもう雪国だった≫という一文から歌詞を広げて、自分なりに文学的な表現を目指してたのを覚えています。
冬の曲としてはすごくストレートなラインかもしれませんね。

11.センチメントオレンジ

めちゃくちゃ青臭い歌詞だなーとは思うんですが、でもこういう青春ってすごくいいなと。
きっと誰でも、片思いしながら相手にそれを告白できなかった記憶ってあると思うんですね。
そういう片思いの純粋な気持ちを歌にしたらこうなった、というか。
こればっかりは下手にひねくれちゃよくないなと意識して作りました。
今からすれば遠い思い出だけど、ずっと大事にしていきたいものですね。

12.カミナリコード

春の雷のように衝撃的な出会いの歌。
「ビビッと来ました!」なんていう一目ぼれのフレーズがよくありますが、まさしくそれがメインの題材です。
楽器が弾けない自分がギターを弾く歌を歌うってのもどういうことなんだって感じなんですけどね。
そしてもうひとついえるのは、自分でもあまりやらなかったぐらいふざけて書いた曲だっていうこと。
基本真面目に作ることが多いタイプなので、こういう遊びも入れなきゃ疲れるなぁ…と何となく思います。
実際、前作は疲れてましたからね。

13.蛍

こちらもシングルから録りなおしました。
ずっと歌って行きたい曲だからこそ、今の自分の歌い方で歌いたい。
ヒメゴトを録りなおそうと思ったのは、ある意味この蛍を録りなおしたかったからそれにあわせてというのもあります。

14.Persons

決して他人同士は他人同士のままで、完全に交わることなんかない。
絶対どこかは違ってるんだ。ひとつになんてなれるわけがない。
それでもひとつになりたいと願ってしまうこの愚かさ。
大好きなDIR EN GREYの京さんがよく口にする台詞と重なるところもありますが、その想いは何となく分かるんですよね。
だから、それを素直に歌にしてみました。
もっとも曲調としてはだいぶ遊んでるんですけどね。

15.面影橋

不思議と、アルバム曲の製作の中でも一番最後に出来た曲で。すとんと落ちた曲でした。
世界観をしっかり作って歌おうという意識が一番濃く出ていて。
歌詞も曲調も、歌い方も、全てがしっかりかみ合わないと曲の意味が半減してしまう、すごく繊細な曲です。
sukekiyoをやってる時の京さんもこういう気持ちなのかなー、とかボンヤリ思ったり。
構築美、というやつを自分なりに追求してます。


はい、てなわけでこんな感じです!
全体的に、今までやってこなかった新しい部分を色々とやろうという意識はかなり強かったかもしれません。
それは次に進むための一歩を踏み出すということ。
これからも音楽をやっていく上で、同じところに留まってちゃいけないだろうと決めた想いの表れだと思ってます。

だから、もっともっと。
自分自身の音楽が多くの人に届くように、頑張ります!


てなわけでここまでで!
matthewでした!!
スポンサーサイト
【2017/01/18 23:52】 | 裏話 | トラックバック(0) | コメント(0) |
リリパ終了ありがとう
1/14(SAT)@恵ffect Verjohn
「場にらいぶ~matthewレコ発記念リリースパーティー~」

1.とにもかくにも
2.Chemical Step
3.デカダンスが止まらない
4.面影橋
5.ポラリス
6.Persons
7.ヒメゴト


はい。てなわけで歌い始めのリリースパーティーが、終わりました!
来てくれた皆さん。アルバム買ってくれた皆さん。本当にありがとうございます!

こういうリリース記念イベントをしっかりやるのは初めてで。しかも自分発信じゃなくて音たいむメインMCの二人がその場をくれるという心意気。感謝しかないです。
そのぶんしっかりやらなきゃなって気合いを胸にやらせてもらいました。

まぁ失敗がなかったわけではなくて。
グダグダになったシーンが心残りになったんだけど、不思議とくよくよはしてません。
今自分が表現したいモノは表現出来たし、失敗も含めていいライブが出来たっていう実感もあるし。
見てくれた皆さんにも伝わるモノがあったと思います。

ここ最近の何年かはライブ本数も増えたし、色んな場所に行きました。
得るモノもあったし、逆になくしたモノもあったかもしれない。
でも、楽しかったんです。
だからこそ、その成果がこのアルバムにちゃんと表れてたらいいなあという思い入れがありました。

多分その想いは、叶ったと思います。

Twitterでは話したんだけど、去年密かに楽曲提供させてもらったCDが完売になった瞬間にこないだ立ち会いました。
お客さん含めたみんながそれを合唱してくれて、色んな感慨がわいたのもあります。

まだまだ歌いたい。
まだまだ歌を作りたい。
まだまだいい景色が見たい。

年始から、いい体験が続いてるなあ。
こんな日々が、今年も続いていけばと思います。


ライブ告知はまた後日です。
アルバムの全曲解説もまた合間見てやります。
とりあえず今は、

色んなモノに、ありがとう!


matthewでした。
【2017/01/16 20:49】 | 無分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |