プロフィール

ましゅ

  • Author:ましゅ
  • 北海道在住のシンガーソングライターです。
    打ち込みを基本として、それに合わせて歌う形を取っております。
    どうぞよろしく!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

セルフライナーノーツ その3 ~ニコニコ編~
さて、随分と日にちが空いてしまいましたがセルフライナーノーツ第3弾です!

今回はニコニコにあげてる曲を、紹介も含めて解説いたします。
是非チェックしてみてください!




1.狂騒のルーズドッグ

淡々と曲の展開がループしてる、ちょっと気だるい感じの曲にしようと思って作った曲でした。
「ヒメゴト」でダンス系の曲も意外といけそうだなとコツをつかめた感じがあったので、それをちょっとだけ引き継いでる感じかな。
バックコーラスをたくさんかぶせてみたり声にエフェクトをかけてみたりと、かなり遊んでます。いじるのが楽しかったなぁw



2.メロウホロウ

実は5年ぐらい前に、頓挫してしまった音楽ユニットの話があって。そのユニットで歌う曲として作ったものが原型でした。
夏の終わりの花火がテーマだったんですが、華々しい感じよりも切ない感じを意識してものすごくストレートに作った曲で。今からするとまっすぐすぎるぐらいなんですが(苦笑)、当時からすごくお気に入りでした。
ちなみにそのユニットの構想ではピアノの弾き語りも絡んでいたので曲の中でも主体になってます。



3. T o T

一言で言うとハロウィンソングです(ざっくりしすぎ)
ライブでもそのシーズンぐらいしかまあ歌うところはないだろうけど(苦笑)、「Trick or Treat」の略称で。しかし同時に、この字面が泣いてる顔文字に見えたところから発想した曲でした。
泣き顔がいっぺんで笑顔になるような、ハッピーな歌になればいいなということで。
もう自分の中では珍しいぐらいのポジティブな歌ですね。



4.ポラリス
これも「メロウホロウ」同様にユニットのために作った曲で、やっぱりピアノがメインでした。
最近は冬になってからのライブでこれを歌う機会が増えたんですが、個人的にはCメロの高音のところが気に入っていて。感情を込めやすいんですよね、高音だと。
何となく「演じてる」って感じが出るのかな……歌の世界観を表現する、ってのを主眼に置くと演技に近い感覚になるのかも。
曲調としてはストレートなんだけど、今の自分がやってるスタイルともうまく組み合わせられてる手ごたえがあります。



5.フラグメント

最近仲良くなった歌い手の子と作詞談義になった時に、「三角関係をテーマに歌詞を書いてみよう」ってことで勢いでだーっと書いた曲でした。
歌を入れた時実はちょっと風邪からの病み上がりでその関係で声がハスキーになってたんですが(苦笑)、逆にそれが何かはまってる気がしたのでそのままOKテイクにしてます。
ただ、なんかもう青臭さが前面に出すぎてて……ライブで歌うのに気持ちをどう入れたいいのか分からないから、実のところライブでは一度もやってません(おい)



6.キリトリ

「ヒメゴト」から始まった「踊れる曲」路線を引き継いでますが、とりあえずバックの音でどれだけ遊べるかひたすらひねくれまくってみました。
本心を晒すことができない主人公と、あえて本心を晒さない恋人とっていう微妙な関係性をテーマにしてるんですけど……「ヒメゴト」もそうなんですが、そういう切なさや悲哀というのをあえて思いっきり振り切れたテンションで歌うのが何か好きなんですよね。ぶっちゃけ明るい歌を歌うよりもそっちのほうが気分が乗ってくる(笑)
多分これからもそういう曲が色々増えるんだろうなーと思ってます。


さて、こんな感じでセルフライナーノーツシリーズもひと段落です。
またこれからも新しい曲を公開したりリリースした時は、こうやって解説をしてみようかなと思います。
それをきっかけに、もっといろんな人が興味を向けてくれたらありがたい限りですね。

では、今日はこの辺で。
matthewでした!
スポンサーサイト
【2016/03/30 21:49】 | 裏話 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<4月のライブ予定 | ホーム | セルフライナーノーツ その2 ~シングル編~>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://matthew.blog1.fc2.com/tb.php/134-c310f437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |